穀物不使用 人工添加物不使用 ドッグフード

グレインフリー穀物不使用・ ヒューマングレード人工添加物不使用のおすすめドッグフードはどれだ? 

「うちのワンちゃん最近下痢や嘔吐が治らない…」

「最近毛並みや目やにが気になるんだけどドックフードのせいなのかなぁ…?」

「最近よく聞くグレインフリー・ヒューマングレードって何のこと?」

こんな悩みをお持ちの方って多いと思います。

たくさんあるドックフードの中から本当に愛犬の体にいいのを見つけるのってなかなか難しいですよね。

このサイトでは皆さんにとりあえず1度試して頂きたい当サイトおすすめのグレインフリー・ヒューマングレードの健康にもお財布にもやさしい安全・安心なドッグフードランキングを紹介していきますので是非愛犬のゴハン選びの参考にして下さいね。

グレインフリー(穀物不使用)・ヒューマングレード(人間が食べても大丈夫)のドッグフードランキング!

 

1位モグワンドッグフード

モグワンの特徴

犬にとっていらないものを徹底的に省き、犬にとって必要なものを取り入れたモグワン。

原材料はすべてヒューマングレード!の厳選した野菜とフルーツ、チキンとサーモンをブレンドした動物性タンパク質50%以上!高タンパク・グレインフリーで栄養満点。

体に良いと話題のココナッツオイルやオメガ3、グルコサミンにコンドロイチンも配合で生後4か月の子犬からシニア犬まで安心して与えることができるのが人気の秘密だと思います。

評価 Sランク
価格 3,960円(1.8㎏)
1㎏当たりの価格 2,200円
カロリー 344kcal/100g
メイン食材 生チキン・生サーモン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 グレインフリー

 

N.Yさん
モグワンは美味いみたいで封を開けた瞬間に飛んできてすぐにぺろりと食べちゃいますね。

皮膚病は治ったけど、今度は与えすぎに気を付けないと肥満が心配になっちゃうくらいにうちのワンちゃんはホントよく食べますよ!!!

K.Nさん
最初は割高感を感じましたが、病院代が無くなりましたので結果的には安くなりました。

何より愛犬の下痢・嘔吐が無くなり体調が良くなったのが本当に嬉しいですね。モグワンを選んで本当に正解でした。

2位カナガンドッグフード

カナガンの特徴

何と言ってもコスパが優れていることが最大の魅力です。

コスパが良いからと言って品質が悪いわけではありません。愛犬に安心・安全で健康を維持できる栄養素が全て入っています。

当然ですが原材料は私たち人間が食べても安心安全な高品質で新鮮な食材を使用しています。

カナガンはドライタイプの2㎏とウェットタイプの395g×3缶セットの2種類ありますので好みに応じて使い分けできるのも魅力です。

評価 Sランク
価格 3,960円(2㎏)
1㎏あたりの価格 1,980円
カロリー 361kcal/100g
メイン食材 生肉チキン・乾燥チキン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 グレインフリー
T.Sさん
話には聞いていましたが本当に体調に効くのか疑ってました。

カナガンを食べて1週間で目やにが減り毛並みも小犬の時みたいにきれいになりすぐに効果を実感出来ました。

もうカナガン以外はあげられないですね。

R.Iさん
グレインフリーとか気にしていませんでしたし、もともと体調は良かったほうなのですが、カナガンを食べたらホントに目の輝きが違いますね!

老犬なのですがお散歩の時に元気が戻ってびっくりしました。

もっと早くからカナガンにすれば良かったと思います。


3位Drケアワン

Drケアワンの特徴

このドッグフードは穀物不使用ではないのですが、本当に愛犬の健康を一番に考えたドックフードだと思います。

小麦・トウモロコシ・大豆を使用せず、玄米・大麦を使用しビタミンE・食物繊維で腸内フローラを整えカラダの中から健康を維持します。

国産・無添加・機能性サポート成分配合。体の中がさびつくと正常な働きができなくなり身体機能が低下し生活習慣病等が起きます。

このような体をさびつかせないようにするのが抗酸化と言いますが、Dr.ケアワンはポリフェノール、ビタミンE、アントシアニン等の抗酸化成分で免疫力を維持します。

グルコサミン、コンドロイチンで健康な関節を守ります。

価格は高めですが愛犬を元気で長生きにしてくれるドックフードです。

評価 Aランク
価格 500円(150g)初回お試し価格
1㎏あたりの価格 3,333円(お試し価格)
カロリー 354354kcal/100g
メイン食材 チキン生肉(九州産)
生産国 日本
酸化防止剤 なし
着色料 なし
穀物 玄米・大麦
M.Sさん
いつもは今までの食事に少しずつ混ぜてドックフードを変えていたのですがうちのワンちゃんはDrケアワンだけを選んでたべてます!!!

ながく一緒にいたいのでやっぱり健康を考えると少しでもいいものを選んであげたいですよね。

T.Uさん
犬は食事を選べないですよね。

その分私たち飼い主がしっかりと選んであげないといけないと思うんですよ。

色々調べましたがこのDrケアワンにやっとたどり着きました。

よく食べ便もいいので満足です。

わんちゃんを飼っていると、

「愛犬のために、健康に良いドッグフードを買ってあげたい!」

「市販の安いドッグフードを食べさせ続けているけど愛犬の健康にいいのかなぁ…」

「世の中にはたくさんのドッグフードが溢れているが本当にワンちゃんにいいのはどれなんだろう…」

このように愛犬に食べさせている毎日のご飯に不安や疑問を覚える時が皆さんにもありますよね。

 

なぜグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードなのか?

 

うちのワンちゃんも以前に嘔吐と下痢を繰り返していたので行きつけの獣医さんで診察してもらいました。

最初は散歩のときに気が付かないうちに何か食べてお腹くだしたのかなぁ…位に思っていましたがなかなか治らないので病気を疑い先生に相談しました。

診察結果は消化不良によるもので食事を変えるだけで完治するとのことで、ほっと安心しました。

先生にホームセンターの安いドッグフードを食べさせていたので、それが原因なのかと質問しましたら、

犬はもともと肉食なので人間と違いトウモロコシや小麦などの『穀物』はなかなか消化できず、アレルギーを発症する恐れもあるためなるべくドッグフードには入っていない方がおすすめです

とのことでした。

そして先生におすすめされたのが

「穀物不使用のグレインフリー」

「人間が食べても大丈夫なヒューマングレード」

のドッグフードを選んであげてねとのでした。

先生の説明は、ホームセンターのドッグフードよりは割高で決して安くはないですが、安いドッグフードを食べ続け体調を崩したらうちに来る病院代、薬代がかかってしまいますので結局は安く済むのでは?

そして何よりも大事な家族の一員のワンちゃんの健康には代えられないですよね…。

それに「目やに」「涙やけ」「皮膚炎」などの症状が見られる場合も、いつものドッグフードをグレインフリーのものに変えるだけで解消できるかもしれない

との説明でした。

なぜヒューマングレード(添加物不使用)のドッグフードなのか

ホームセンター・スーパー・ペットショップなどでよく見かける割安感のあるペットフードには私たち人間が食べれない、いわゆる粗悪な廃棄食材が含まれる原材料で作られた可能性があり、当然ワンちゃんの健康を害する危険性があります。

添加物もカラダにやさしいのか有害なのか分からない着色料や保存料、原材料が何の肉かわからない「ミートミール」、「副産物」など食べたくない、食べさせたくない、はっきり言えば本来食べるべきではない食材が使われている可能性があります。

大切な愛犬に健康で長生きして欲しい、そのためには私たち人間と同等の食材を使用し安全で安心して食べれるドッグフードがヒューマングレードです。

安い市販のドッグフードの危険性は…

ホームセンター・スーパー・ペットショップなどでよく見かける割安感のあるペットフードには私たち人間が食べれない、いわゆる粗悪な廃棄食材が含まれる原材料で作られた可能性があり、当然ワンちゃんの健康を害する危険性があります。

添加物もカラダにやさしいのか有害なのか分からない着色料や保存料、原材料が何の肉かわからない「ミートミール」、「副産物」肝臓に負担が大きい穀物(グレイン)、BHT、BHA、エトキシキン(酸化防止剤)などの添加物など食べたくない、食べさせたくない、はっきり言えば本来食べるべきではない食材が使われている可能性があります。

ミートミール・副産物とはいったいなんでしょうか。皆さん ‟ミート” なのでいわゆる “お肉” と思われるでしょう。

正解と言えば正解なのですが、私たちが普段口にする、食卓に並ぶ ‟お肉” とはまったく違うものです。

実際は、肉以外の部位、肉骨粉、毛、羽、皮膚、腫瘍、内臓、クチバシ、トサカ、ヒズメ、そして糞尿などをそのまま混ぜて焼き固めたものがキャットフードとなって売られています。

犬はもともと小動物、ネズミやウサギ、魚などを食べているのですが、消化、吸収に問題があります。

「肉・内臓」と「クチバシ・足・骨」などを比べると、皆さんの想像通り後者のほうが消化が悪く栄養素も低くなります。

これらは精肉工場などから廃棄する(人間が食べれない)材料を集めています。

なぜこんな粗悪なものを材料としているのかというとズバリ 安く大量生産 するからです。

家畜を解体する時には腸の中に糞が大量に残っています。この糞を取り除くには手間、時間というコストがかかってしまい安く大量生産するには大きな障害となってしまうためそのまま使用することが多いそうです。

さらにそのまま加工した場合は大腸菌などの発生が起こりやすいので薬品で消毒して加工されます。

この消毒に使用する薬品は人間用として認可されていない危険な薬品であることがほとんどです。

そしてこのような「ミール」はもともと廃棄するようなものでしたので腐敗が進んでいる材料も含まれているので、大量に強力な人工防腐剤が使用されています。

本当に怖いのは「ミール」に人工防腐剤をどれだけ使用していてもドッグフードの材料として購入し使用した場合は表示義務がないという事です。

簡単にまとめると『廃棄するような「ゴミ」をまとめミンチにし、人間用には使わない強力な薬品で消毒し添加物で味付けして防腐剤でコーティングしたようなもの』です。

愛犬にやさしいグレインフリー・ヒューマングレードドッグフード

愛犬家からの評判が高く、愛犬にやさしくコスパの良いおすすめの穀物不使用グレインフリードッグフードを紹介しました。

うちのワンちゃんと同じことにならないように、皆さんの大切な家族の一員であるワンちゃんの健康のためのドッグフード選びの参考にどうぞ。

 

 

急な残業、飲み会、プチ旅行等の時に愛犬ちゃんのご飯が心配で仕事が手につかない、心から楽しめないという時はございませんか?

お腹空かせていないか?

ちゃんと食べているか?

食べ残しはないか?

たべすぎてないかな?

我が家ではこれを購入してからこんな心配事がなくなり大変重宝しています。

スマホで遠隔操作、リアルタイム動画で大切なワンちゃんを確認できる自動給餌器です。

 

↑↑↑留守中のワンちゃんが気になる方におすすめです↑↑↑

 

Top